【2012年度】
今回(第35回)の鳥人間コンテスト選手権大会も,HUESの双発機(ディスタンス部門)のみ応募。3月に実施された書類選考を,今年は通過。昨年の雪辱を晴らし,HUESの大会出場が決まる(2年ぶり9回目)。
4月28日,早朝より笠岡ふれあい空港で試験飛行を実施(その様子は,こちら)。
大会本番2日目(7月29日)のディスタンス部門。今年はその8番目に登場して離陸するも,琵琶湖の風に阻まれて198m(公式記録は197.81m)の7位に終わる。なお,今年の大会はこの風の影響を受けてディスタンス部門では苦戦したチームが多かった(一方,前日開催された滑空機部門では,王者みたかもばらと神奈川工科大学の連合チームによる,史上初の500m超えという大記録が誕生した)
上記のように,琵琶湖の風に阻まれて記録の出せなかったチームの1つとして,8月27日の放送の中で一瞬だけ取り上げられた。だが,ここであきらめてはいけない。次こそは,風にも負けない強い機体が完成することに期待したい。
今年の大学祭1日目(11月3日)に,HUESの実機を展示。来場者が間近で飛行機を観覧できるようにして,人力飛行機に関する説明や質問への対応も行った。
2011年度 2013年度
(INDEX)